IMG_7096_edited.jpg

Oral consultation

口の怪我

​-目次-

 
 
お口のけがで気をつけなければいけないのはどのような点ですか。
  • お口以外のところは大丈夫ですか?特に頭をぶつけてないかを調べることは大切です。

  • 歯をぶつけましたか?

  • 出血していますか?

  • かみ合せが変になった、口が開かない、口が閉じない、口を動かすと痛い、といった症状はありますか。

できるだけ早くお近くの歯科医院かまたは口腔外科を受診してください。なお、来院するまでの間、ぐらぐらになった歯がすぐにでも落ちそうな状態でしたら、指で軽く押し込んでください。歯がぽろっととれて口の中に落ちたら、すぐに清潔な手で抜けたところにそっと差し込むか、舌の下や頬粘膜と歯の間など、口の中に入れるなどして乾燥を防いでください。

 
 
ころんで歯をぶつけてしまい、歯が抜けて地面に落ちてしまいました。抜けてしまった歯は、もうだめですか。

歯はどこかにありますか。歯が見つかったならば、汚れを水道水で軽く洗ってください。そして、歯をもってすぐにお近くの歯科医院か口腔外科を受診してください。抜けてから元の位置に戻すまでの時間が短ければ短いほど歯が元の位置で機能を果たすようになる可能性が高くなります。その可能性は2時間以内ならば、かなり高いですが、それ以上たってしまった場合でも可能性はありますので、抜けた歯を持ってきてください。

 
ぶつけて抜けてしまった歯を洗う際に、注意する点はありますか。

抜けた歯を元の位置にもどした後、歯が元どおりに機能するようになるためには、歯の根の周囲にある歯根膜という組織を保護することが大切です。ですから、歯の根の部分を洗う時は、歯の頭の部分をもって、できるだけそっと洗うなどしてください。

ぶつけて抜けてしまった歯を持っていく時の注意点を教えてください。

洗った後は、乾燥しないように気をつけてください。乾燥しないようにするには、手近なものとして牛乳の中に入れるという方法があります。あるいは、患者さんか保護者のお口の中に入れて唾液で乾燥しないようにして持ってきてください。以上のものが無理ならば、水の中に入れてください。薬局で市販されている生理食塩水やハンクス液などが手に入れば、それに入れる方法もあります。

 
 
ぶつけて抜けてしまった歯が見つからないので、歯科医院には行かなくても良いですか。

抜けた顎の中に根の一部などが残っている場合や、顎の骨が骨折を起こしている可能性などが考えられます。また、歯が抜けたままにしておくのは、周囲の歯にとっても良くありません。歯がみつからない場合でも、歯科医院か口腔外科で治療を受けてください。

 
顔を強くぶつけました。その時の状況は覚えていませんが、歯が抜けてしまったので、歯科医院に行けば良いですか。

記憶がない、意識がはっきりしない、吐き気がする、気分が悪い、物が二重に見える、耳から血が出ているなどの症状がある場合、物理的な衝撃が脳に加わり、脳がダメージを受けている可能性があります。顔や頭を強くぶつけた時には注意が必要です。歯科医院に行くよりも、先に脳神経外科などを受診して脳に異常がないか調べる必要があります。意識に異常があるような場合には、かなり緊急性があります。救急車を呼んでも良いでしょう。なお、その際には、誰かに付き添ってもらうと良いでしょう。

ぶつけて歯が抜けてしまいましたが、明日、歯科医院に行けば良いですか。

ぶつけて歯が抜けてから元の位置に戻すまでの時間が短いほど、歯が元の位置にしっかりとつく可能性が高くなります。できるだけ2時間以内に歯科医院か口腔外科を受診しましょう。夜間など、やむを得ない場合は、上にあげたような適切な方法で歯の乾燥を防ぐよう注意してください。

 
乳歯の前歯をぶつけて抜けてしまった2才の男の子です。治療してもらいましたが、またとれてしまっていました。どうすれば良いですか。

乳幼児は治療をする際に協力が得られないことが多い上、抜けた歯を隣の歯と固定する場合にも、永久歯と違い乳歯は強力な固定源にはならないという問題があります。したがって、治療は多くの場合難しく、治療後何日かして、乳前歯が抜けてしまうこともあります。そのような場合、乳前歯では積極的な治療をしないことが多く、永久歯がはえてくるまでの間、経過を観察します。なお、1度歯をぶつけたような子供は、しばしばまたぶつけることがあるので注意が必要です。

 
お口の中を切ってしまい、血が止まりません。

特に鮮やかな赤い血が噴き出すような出血は動脈からの出血ですので、ただちに止血する必要があります。まず、お口の中を調べて、血液の塊や抜けた歯などの異物をとり除いてください(異物が気道をふさがないようにするためです)。次に血が出ている所に清潔なガーゼ(なければ清潔なハンカチ)を小さく折りたたんで入れて、圧迫してください。20分程度強くおさえれば、多くの場合、血は止まります。血をたくさん飲み込むと嘔吐することがあります。頭部を少し前かがみにして、血や唾液は外に出し、のどに流れ込まないようにしてください。うがいしたりしゃべったりするとと血が止まりにくくなります。なお、唾液に血が混じるため、少量の血でもたくさん出血しているように見えることがあります。ガーゼで強くおさえても血が止まらない場合や傷が大きい場合には、すぐに歯科医院、口腔外科、耳鼻咽喉科、外科などを受診してください。

 
頭や顔の大出血に対して、動脈を圧迫して止めるにはどこを圧迫すれば良いですか。

頭部は血管がたくさん分布していますので、血がたくさん出ることがあります。頭や顔に分布する動脈を圧迫して止血する方法がありますが、長時間圧迫すると意識障害を起こす可能性がありますので、長時間圧迫してはいけません。額やこめかみ辺りからの出血がある場合、こめかみにある動脈(浅側頭動脈)を圧迫して止血します。首にある太い動脈(頚動脈)を圧迫すると、顔、あご、前頭部の出血が止まります。頬やあごの出血に対しては、下あごの前の方にある動脈(顔面動脈)を圧迫する方法もあります。

 
スポーツをしていてボールが顔にぶつかり、下の前歯が4本、内側に倒れてしまいました。

歯を支えている骨(歯槽骨)や顎の骨が骨折している可能性があります。口腔外科を受診してください。

 
あごを強くぶつけたところ、かみ合わせが変になってしました(あるいは口が開いたままになった、口が開かなくなったなども含まれます)。

歯槽骨あるいは顎の骨が折れている可能性があります。すぐに口腔外科か整形外科を受診してください。下の顎の骨(下顎骨)は、顔面の骨折の中でも頻度が高く、交通事故、スポーツ、けんかなどで若い人に起こりやすい骨折です。痛みが強い場合、冷たい水で濡らしたタオルなどで冷やすと痛みや腫れは少し軽減します。

 

診療スケジュール

各種保険取り扱い/虫歯/歯周病/予防/親知らず/インプラント/セラミック/ホワイトニング

バリアフリー(車椅子対応)/駐車場10台

休診日:水曜・日曜・祝日

© デンタルオフィスみなと